ハウスエッジの影響を少なくするための「5つの心得」

「ハウスエッジ」を制する者がカジノを制する?!

20120730220137_1076592052_2900_9
今回の記事では、ベラジョンカジノなどのオンラインカジノや、マカオなどのランドカジノなどでわたしが経験したことから、ハウスエッジの影響を少なくする心得を5つ紹介したいと思います。平たく言うと、何も考えずにプレイするのと比べて、意識することで負けにくくなる心得ということですね。

勿論これらを意識するだけでカジノで必勝できるわけではないです。そんなものがあればみんなやってますからね笑。とはいえ、意識するだけでも幾分かは勝ちやすくなると思うので、あなたがこれからオンラインカジノやランドカジノで一勝負してやろう、というなら是非覚えておいてください。

わたしもオンラインカジノ歴は3年ほどと長くはないのですが、この心得を守ってプレイしているからか、年間の収益はプラスです。プラスといっても月あたり1万円ほどでタバコに消えますけどね笑。月に1〜2万円程度のお小遣いの範囲でやってるのでジャックポットを取らないと大勝ちはできない気がしてます笑。では、5つ説明しますね!

(1)ゲーム数を多くしない

前回のページでも説明しましたが、ゲーム数を数多くこなしていくと、ハウスエッジ(期待値から出る損失)によって資金は高確率で目減りしていきます。ハウスエッジというのはカジノの統計学的な取り分でしたよね。ハウスエッジはどんなゲームでも必ず存在しています。つまり、長時間ゲーム回数をこなせばこなすほど、徐々にではありますがカジノ側に資金を取られていき、プレイヤーにとっては不利な状態になるということです。

では、プレイヤーにとってできるだけ有利な状態にするためにはどうすればいいのか?
単純なことなのですが、単にゲーム数を少なくすればいいんです。これは結構単純なのですが、ハウスエッジや期待値という概念を知らないと意外と気づかない点だと思います。とはいえ、ゲーム数を50回、100回、200回と決めてプレイするのではありません。あなたがゲームの流れやツキを感じて、ゲーム数に見切りをつけるということです。「見切りをつける」というのは以下のような考え方です。

  • 元資金の何%勝ったらやめる。
  • 元資金の何%負けたらやめる。

この2つを明確に自分の中で決めてからプレイしてください。これらのルールが適用されるまでゲームを続けるということなので、数十ゲームで終わることもあれば、長時間プレイが続くということもありえます。
2番目の「何%負けたらやめる」というのは株式投資の「損切り」と同じような考え方ですね。株式で一番大切な考え方は、銘柄選びでもポートフォリオ設定でもなく、「損切り」と言われています。カジノでも株式投資でも、多くの人は負けていると「これは今だけだ。もう少ししたら取り戻せる」と考えてしまいます。このような考え方が大きな損益を出してしまうことにつながります。ですので、カジノでも「損切り」が大切ということを念頭に入れてプレイしてください。傷が浅ければ次回対戦時にリベンジもできますしね!

(2)ベット額にメリハリをつける

ハウスエッジ(期待値から出る損失)が存在するので、プレイ回数が増えれば増えるほどプレイヤーの資金は目減りしていくことは何度もお伝えしました。下記のグラフを見てください。

グラフ

長期間で見ると「資金の動き」は細かい上下を繰り返しながら減っていきます。この右肩下がりの資金推移は、フラットベットをすることで、よりその傾向が強く出ます。フラットベットというのは毎回同じ金額を賭けることを意味します。資金推移のグラフは大きな視点でみると右肩下がりになっており、小さな視点で見ると勝ち負けを繰り返しています。この勝ち負けをスポットで見ると元の資金を上回ってるところがありますよね。この勝っている時の波を掴むことが非常に大切で、フラットベットせずに掛け金を上げることで勝利の波に乗ることができます。

例えば、ブラックジャックを例に考えてみましょう。ブラックジャックは1時間あたり平均で100ゲームほど消化できます。仮に元資金が1000ドルとして、毎回10ドルフラットベットする場合と、最低5ドルをベットしてそのベット額を2〜10倍まで変えた時の勝利額を計算してみましょう。フラットベットでは勝った場合は1100〜1200ドル程度になると想定され、ベット額を変えて勝った時は1500〜2000ドルになると想定されます。勝った時のみを想定しての話ですが、ベット額を変えてプレイする方が資金を大きく増やせる可能性が高いです。

ベット額を変えていく有名なベット方法に「マーチンゲール法」というのがあります。資金が潤沢にあればこのベット方法を使うこともできます。

方法は簡単で、まず最初に初回の掛け金を決めます。

  • 勝負に負けたら賭け金を前回の倍に増やします。「倍賭け」として、2倍、4倍、8倍、16倍、32倍、64倍、128倍・・・と増やしていきます。
  • 勝負に勝ったら最初の投資額に戻す

これだけです。

マーチンゲール法を使って連敗する確率は以下の表のようになります。最初のベット額は1ドルとします。

連敗回数 1連敗 2連敗 3連敗 4連敗 5連敗 6連敗 7連敗 8連敗 9連敗 10連敗
ベット額 $1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256  $512
必要資金 $1 $3 $7 $15 $31 $63 $127 $255 $511 $1,023
確率 50% 25% 12.50% 6.25% 3.13% 1.56% 0.78% 0.39% 0.20% 0.10%

勝率50%のバカラをプレイするとしましょう。この表を見ると10連敗する可能性は「0.10%」だから大丈夫!と考えてしまいそうなのですが、この連敗する確率こそ、マーチンゲール法最大のメリットです。しかしながら、それは同時に連敗時のリスクの大きさをも意味しています。連敗すれば破産です。「0.10%の10連敗にハマることはない」という安直な考えがこのマーチンゲール法を有効な攻略法のように見せかけています。冷静に考えてみれば9連敗した後、10回戦目で負ける確率は50%です。そのことを覚えておいてください。ただし、使い方によっては資金増に貢献するので状況を見ながらルールを決めて使ってください。

(3)ハウスエッジと還元率でカジノを厳選する

ランドカジノやオンラインカジノと一言で言っても、カジノによってルールも還元率もハウスエッジも違います。毎回使ってるカジノだからとか安易な理由で選ぶのではなく、良心的なカジノを選んでください。カジノを選ぶポイントは以下の2つです。

  • 還元率が高い
  • ハウスエッジが低い

つまり、還元率が低くてハウスエッジの高いカジノは選ばないということです。
そのようなカジノでは統計学的に考えても負けやすいと言えます。

以前はいくつかのオンラインカジノでプレイしていましたが、最近プレイしているオンラインカジノは以下のカジノです。このオンラインカジノはハウスエッジも高くないですし、還元率も98%あるので安心してプレイできます。

>ハウスエッジが低くて還元率の高いオンラインカジノ

(4)適性な元資金(バンクロール)を用意する

平均のベット額に対して元資金が少ないと負ける確率が高くなります。なぜなら波に乗ってベット額を上げようにも上乗せできる範囲が狭まるからです。オンラインカジノでは勝つときも負ける時もあります。当然資金も増えたり減ったりします。重要なのは一定期間内でトータルで勝っている、ということです。一定期間内で勝つためには、資金には余裕が必要だと考えます。

オンラインカジノではあまり使われていませんが、ポーカーの世界ではよく「バンクロール」という単語が使われます。勝っても負けても楽しければいいというプレイヤーであれば特にこの「バンクロール」という概念はなくてもいいのですが、オンラインカジノで収益を上げたいという考えるのであれば、「バンクロール」の管理は必須条件だと考えています。なぜなら、心得の2つ目でベット額を変えるとお伝えしましたが、勝ちパターンの波に乗ったとしてもベット額の上げ幅が少なくなり、勝つタイミングを逃してしまうからです。

では、具体的には資金(バンクロール)はどれぐらい必要なのか?あくまで目安ですが、

  • テーブルゲーム(バカラ、ブラックジャックなど)=ベット額の200倍程度
  • スロット(ジャックポット機能の有無含む)=ベット額の250~300倍 ※資金の動きが激しいため。

テーブルゲームの場合

例えば、テーブルゲームの中でもブラックジャックで考えてみましょう。ベット額の200倍が元資金ですので、$1ベットのテーブルであれば最低資金は$200です。$5のテーブルであれば$1000は最低必要です。最初は1000ドル資金があったとしても、負けて資金が不足してきたらミニマムベットが低いテーブルに移動したほうが良いかと思います。

スロットの場合

スロットの場合で考えてみましょう。ベット額の250〜300倍が元資金でしたよね。通常スロットはほとんどの機種で25ラインですよ。そして1ラインあたり$0.1だとすると、1回転の総ベット額は$2.5になります。250倍だとすると、$625の元資金は必要ということになります。スロットの場合もブラックジャックと同じく、資金が不足しているようであれば、総ベット額を減らしたり、ライン数が少ないスロットに変更したほうが良いかと思います。

残資金が少なくなってきた時には以下の3つの選択肢を選ぶ必要があります。

  • 追加入金する
  • 一旦引く(プレイをやめる)
  • ベット額の低いゲームに移動

つまるところ、要点は2つです。適切な資金をベット額から逆算して用意するということと、資金が減ってきたら戦う戦場を変えるということです。このことを意識するだけでもオンラインカジノでの勝率はよくなると思います。

(5)感情的にならない

負けるときに共通する要素は色々ありますが、その中でも大きな要素として、自分の資金に対してベット額が大きすぎる。負け続けているのに引き際がわからずズルズルとプレイを続ける。というものがあります。前者は前述した内容を理解していただければ防げますが、後者は感情の要素も大きく絡んできます。負けているのに熱くなってしまって引くに引けないということも多々あります。さらに感情的になると精神的コントロールも失ってしまい、セオリーに基づいてプレイしていた人が一発逆転を狙って大金を賭けたりします。

冒頭でもお伝えしていますが、オンラインカジノでは毎回勝つ必要はなく、一定期間の中で収益をプラスにすればいいのです。今回は負けたとしても、次回やその次の回で勝ってトータルで収益をプラスにすればいいのです。しかも熱くなっている時は冷静な判断ができなくなり、通常は5ドルしかベットしていないのに、2倍3倍と損益を取り返そうとして賭けてしまいます。これが傷口を広げることにつながり、後々の収益プラスの足を引っ張ってしまいます。負けている時、今の自分がどのような精神状態なのか、「熱くならないように自制しよう」という心構えを持っているだけでも引き際を見誤らないはずです。感情的にならないというのも広い視点でみると勝率を上げることにつながるので覚えておいてください。

まとめ


ゲーム数を多くしない

ゲーム数を増やせば増やすほどハウスエッジによって資金は目減りします。元資金の○%勝ったら、元資金の○%負けたら、など止めどきをしっかりと自分の中で決めてからプレイに臨むようにしましょう。

ベット額にメリハリをつける

フラットベット(毎回一定額のベット額)をしていると、勝った時の収益はそれほど大きくなりません。勝負の波を掴んでベット額に変化をつけることができれば、フラットベットよりも大きく勝つことができます。

ハウスエッジと還元率でカジノを厳選する

オンラインカジノはどこも同じではありません。扱っているゲームも違えばルールも違います。選ぶ際に最重要視する要素は「還元率の高さ」と「ハウスエッジの低さ」です。オンラインカジノを選ぶ時から勝負は始まっていると考えてください。
>ハウスエッジが低くて還元率の高いオンラインカジノ

適性な元資金(バンクロール)を用意する

ベット額に対して、資金(バンクロール)が少ないと勝率は低くなります。ですので、まず平均ベット額を決めてから資金を用意してください。テーブルゲームだとベット額の200倍、スロットだとベット額の250〜300倍用意する必要があります。プレイ中、あなたの資金が目に見えて減るとあなたの精神的コントロールも不安定になります。一発逆転を狙ったり、セオリーを無視したプレイをしてしまうのも、資金の大小が強く影響します。

感情的にならない

元資金の○%負けたらやめる、ということを決めていたにも関わらず感情的になってしまうと我を失ってやめられなくなってしまいます。しっかり自制心をもって、今回負けたとしても一定期間中にトータルで勝てばいい、ということを念頭に感情的にならないようにしてください。

当サイト限定。
初回入金ボーナス最大500ドル(通常100ドル)

ベラジョンカジノが選ばれる5つの理由。

(1)クレジットカード入金ですぐ遊べる。
(2)スマホでもパソコンでもプレイOK。
(3)ソフトのダウンロードは必要なし
(4)全て日本語対応なのでわかりやすい。
(5)サポートチームも日本人なので安心

ベラジョンカジノは海外でTVCMも放映されているぐらい人気なオンラインカジノです。クレジット入金、スマホ対応、完全日本語だけでなく、入金ボーナスや各種プロモーションも多いのでオススメのカジノです。

※特典=「登録だけで30ドル」+「最大500ドルの入金ボーナス」